不安を感じながらもアゴ削りの手術を体験

憧れの顎整形で私も綺麗にしたいと

アゴがしゃくれている人は目を引いてしまうことがありますよね。時には目立つアゴが原因であだ名を付けられてしまったり、からかわれてしまうようなこともあると思いますが、私自身が正にそれでしたね。アゴがしゃくれているのは昔から気になっていましたし、それがコンプレックスにも感じていました。そしてしゃくれがあると目立ってしまうということもあってあだ名を付けられたり、からかわれるようなことも日常茶飯事でした。ですから本当に嫌で嫌で仕方なかったですし、なんでこんな風になってしまったんだろうとふさぎ込んでしまうこともありました。どうにかして改善できないものかと色々と調べてみたのですが、最終的に行きつくのはいつもアゴ削り の手術でしたね。

物理的に削って改善するしか打つ手はないようだったのですが、でもやっぱり手術は怖いですし、失敗してしまったらどうしようという気持ちが強くありました。でも、アゴ削りを体験された方の写真を見てみるととても綺麗にアゴが整えられており、見た目が明らかに綺麗になっている様子でしたし、そんなに綺麗になるのなら私も勇気を出して手術を受けてみたいと思うようになったのです。

アゴ削り手術を受けてみて

私はもともと骨格が大きく、特にアゴに関しては一般的な大きさ以上に突出しており、コンプレックスとなっていました。化粧や髪型で隠すことも限度があり、アゴ削り手術を行うことにしました。
実際に受けるにあたり、美容整形外科の医師の診察を受けました。
診察の時にはアゴを触診されたり、口を開閉して顎関節の動きの確認や歯並びの状態など様々なことを診られました。
また私が受けた美容整形外科では骨格の写真も撮ることになり、手術前の説明の際には実際に苑写真を見つつ説明を受けましたけど内容としてはアゴを削ることで骨の突出を取り除き、より自然な状態に仕上げることが可能です。
しかしアゴには神経も通っており、神経損傷に伴う麻痺や感覚障害等を引き起こす可能性もあることを言われました。
また手術に伴い組織を切開するため、其処からの感染や炎症の出現も説明され、可能性としては低いもののリスクがあることを知りました。
その上で受けることを選択しました。
手術の前には看護師が身体を清潔にしてくれました。
行っている間は麻酔のため石喜はありませんでしたが、終わったあとはアゴは包帯を巻かれており傷口や仕上がりを見ることはできませんでした。
そして包帯がとれるまではしばらくかかりましたが、取り除いた直後の顔は腫れが強くアゴ削りの効果をいまいち感じることができませんでした。
医師からは炎症が出ており一時的に腫れがあるもじきに引いていくと説明を受けました。
実際に腫れは日に日に引いていき、それに合わせてアゴの輪郭も出てきました。
結果としては成功となり、コンプレックスであったアゴの突出は改善しており、目立たなくなっていました。
個人的にはまだまだ削ってもいいのではという気持ちもありましたが、それ以上行うと合併症を引き起こしかねないため、安全に可能な範囲で削ったと言われました。
合併症としてはアゴ周囲に若干のしびれと感覚麻痺はありましたが、運動麻痺はなく、咀嚼も力の発揮も全く問題ありませんでした。
しびれと感覚麻痺に関しては数ヵ月経つと全く違和感もなくなっており、完治していました。
症状があるときも日常生活の中で支障はなく、対して気にもとめてはいませんでした。
しかしもし無理にアゴ削りをしすぎてしまっていと取り返しがつけないよう状況になっていたかもしれないため、医師の判断に従って良かったと感じています。
手術前に予め医師からはどの程度アゴ削りによって変化が出るかは説明を受けていました。
削ることが出来るアゴの骨の部分とその面積を知り、劇的に顔を変えることはできないと知っていたため、腫れが引いた後の結果も予想通りとなりました。
それでもコンプレックスを解消するには十分な結果を得ることが出来ました。
傷口に関しては口腔内から切開して削りました。
そのため傷口が人目に触れることはなく、外科的な美容整形特有の整形痕も残すことなく済みました。
私はもともと肌が白いため傷が目立ちやすいこともあり、その後のことも考えた上で安心してアゴを削ることが出来ました。
肌触りも違和感がなく触れたときにも凹凸はなく、滑らかな曲線を描くように形成されています。
その事からも整形をしたことは周囲には知られずにきれいなアゴを手に入れることが出来ました。
美容整形は行うことで確かな効果を得ることが出来ます。
しかしアゴ削りの場合は骨自体を変えてしまうため、希望の結果に沿わなかったときの治療は非常に困難です。
また手術自体は成功しても様々な合併症を引き起こしてしまうリスクもあるため、その後の生活にも影響を及ぼしかねません。
それらの可能性はあるも信用性の高い場所を選択し、適切な医師の説明を受けて可能な範囲で行えばリスクを最小限に抑えることは可能です。
その技術も進歩しており、危険性も格段に減っていることからも安心して受けることが受けることが可能といえます。


保険適応で価格もすみ悩みの顎整形をする 小さい頃からの悩みの顎は無く生まれ変わった私

アゴ削りのカウンセリングが無料 横浜エーブクリニック
顎変形症なら保険適用可能 東海大学八王子病院

トップ